コンクリートドクター

レスポンスがコンクリート構造物に施す工事の目的は、劣化や変状の補修はもとより、耐震補強、長寿命化、各種特性の強化、更には美装に至るまで、多岐にわたります。
 
そしてその対応も
  無機材料↔有機材料
  化学・電気的改質工法↔ 被覆・充てん等工法
        (躯体性能向上)↔(劣化因子絶縁工法、形状補修)
     伝統的な工法 ↔ 最新工法
また、目的や対象に合わせ千差万別の組み合わせで対応します。
 
しかし、工事は、材料や工法の優劣だけで、決まるわけではありません。
大切なことは、コンクリートを知り、材料を知り、最高の技術で施工すること。
 
レスポンスはコンクリートの状態、性能だけでなく、その立地・環境、今後の維持管理、LCCにまで踏み込んだ、調査、診断、提案、施術、アドバイス、見守りでコンクリートドクターゼネラルを目指します。
 

主な営業品目

Ⅰ.コンクリート防水、機能向上
 〇防水、高耐久化、他
  ・躯体防水(水密改良)…屋根屋上防水、地下防水
  ・劣化抑制・長寿命化(耐性向上)、機能向上、表面保護
  ・被覆防水
  ・防食ライニング
  ・シーリング
  ・美観向上
 
Ⅱ.コンクリート構造物変状補修
 〇施工に起因する初期変状、経年劣化や材料・環境・用途に起因する劣化変状
  (ポップアウト、断面欠損、ひび割れ、漏水、鉄筋爆裂、鉄筋露出、浮き、ジャンカ、
  コールドジョイント、凍害、塩害、腐食浸食、アルカリ骨材反応)
  ・断面修復
  ・表面被覆
  ・ひび割れ補修(シール、塗布含浸、各種注入、結晶生成)
  ・鉄筋防錆、犠牲陽極
  ・躯体改質、躯体ち密化
  ・再アルカリ化、アルカリ付与
  ・腐食補修、防食ライニング
  ・漏水止水工(高圧樹脂注入、改質材注入)
  ・美観補修(コンクリート打ち放し補修)
 
Ⅲ.コンクリート構造物補強工法
 〇断面性能の向上
  ・炭素繊維シート補強
  ・炭素繊維ストランド補強
  ・炭素繊維格子筋+PCM補強
  ・アラミド繊維シート補強
  ・断面増し厚補強
 ○剥落防止
  ・無機系材+ビニロン繊維シートによる表面被覆
  ・樹脂+ビニロン繊維シートによる表面被覆
  ・樹脂含浸塗布による表面被覆
 
Ⅳ.エンジニアリング
 〇コンクリート構造物調査、診断、維持管理
  ・初期並びに劣化変状調査
  ・健全度の評価
  ・変状動向の予測
  ・寿命予測
  ・補修工法の提案
  ・維持管理手法の提案
  ・現地調査、
  ・物性試験
  ・ASR判定、残存膨張の推定
 〇その他コンクリート技術に関する提案、調査、施工
 
 
所属団体
 ザイペックス協会…セメント結晶増殖材=XYPEX CEC
 アストン協会…けい酸塩系表面含浸材=CS-21
 コンクリート躯体防水研究会
 水路補修改修工法研究会 
 
 
  
  
  
株式会社レスポンス
〒215-0031
神奈川県川崎市麻生区栗平2丁目2番5号ティオービル306号
TEL.044-986-4877
FAX.046-986-4833
1.コンクリート構造物の補修・補強、機能向上(防水他)
2.コンクリート構造物の調査、診断、対策工法の提案
3.コンクリート構造物維持管理手法の提案並びに維持管理
4.コンクリート補修・補強、機能向上工法、材料の開発、販売
5.コンクリートエンジニアリング